FXと愚痴と私

日々思う事とFXで金儲けの事

社内SEの種類

社内SEってITの世界では一般的に聞く言語だけど、その担当業務は相当に広い。

 

何故なら会社によって仕事の内容が全くといいレベルで違うからだ。

会社でIT関連全般の業務を行う人間の総称を「社内SE」と言っているケースが多いと思う。

 

かくいう自分の会社でも、おそらく私が入社するまでは、基幹システムの開発をメインで行うメンバーの事を社内SEと呼んでいたと思う。

実際私も1開発メンバーとして採用されたのだから間違いなく。

 

ただ会社の規模が100人を超えてきて、ISOや基幹システム以外のITの部分が増えてきて、そればかりでは立ちいかなくなってきていたのも事実で、そのためのメンバーも一人雇われていた。

まぁその頃に増員したメンバー全員辞めているのだけど。

 

結局今自分は以下の事をやっている。

①部内の稟議関連

②部の開発メンバーの進捗管理

③インフラ周りの設定や、ネットワーク周りの技術者との調整

④IT関連の運用、規定の策定

⑤他部署との調整

⑥ISO関連のIT部分の対応と調整

⑦基幹システムの設計

⑧基幹システムの開発

⑨各種業務システム、基幹システム(全部で25サーバー)の障害・保守対応

 

 

っとまぁ正直開発特化していない部分で、それ以外の全てをやっている状態となっている。3人いるうちの私が上記で、もう一人が上級SE+別の基幹システムを面倒をみるようにしている。(そこまで工数を割かない)

もう一人は完全に開発に特化してもらっている。

 

これも一言でいうなら「社内SE」とよばれるのだからうーんとなるよねっと。

 

普通にSIerで客先に行ってたり請負でやってた頃は120万くらいの単価で上記を行っていた。いっぱいピンハネされてたけどね・・・

少し愚痴るなら、元ITコンサル出身のマネジメントを配属してくれた。その人間の単価が180万とかだったか。

 

あまりに使え無すぎて、メーカーの客から出入り禁止を受け、全部私を通してから話しろとなって結局仕事が倍増したのは今でこそいい思い出。何で品質管理の報告まで俺がしてんだろって・・・・

 

あの時の職場は本当に死ぬかと思った・・・・・

 

ちなみに大別して社内SEの募集には2種類あるので注意が必要。

 

①社内の運用SE

大体小・中規模で多い社内SEがこのパターン

 

・社内の業務関連のツールやシステムの運用・保守

・VBAマクロなどで業務改善を行ったりする。

・経営者や上層部の希望のシステム導入の支援を行う(メインではない)

・プリンター、端末管理など総務のIT関連の仕事全般

 

感覚的には100名~300名の会社に一人~二人の場合が多い。

基本的にメインで開発をガッツリは行わないのでこの人数で回るための比率である。

ただし、例えば急にプリンターやパソコンが動かないなどが立て込むと一気に人間の数がたらなくなりハードワークになる。が基本的には定時には退社できるのが一般的。(この業種で残業バンバンなのは完全に運用リソースがパンクしている運用のやり方と作業の多さなだけ)

年収は首都圏ですら550万届かないくらい。350万~500が一般的かな?

 

②社内SE 基幹システム開発

例えば自社に基幹システムを持っている場合、他には開発子会社がグループ会社の基幹システムを開発している場合(基幹システムだけではなく周辺のシステム全般)に主に開発をガッツリメインにしている会社で、社内で要件定義~開発~運用全てを賄っている場合。

これも社内でシステムエンジニアリングしているのだから「社内SE」となる。

 

大手の会社に多いパターン。

こっちは通常のSIerとなんらかわらない。身内な分だけスケジュールもかなり厳しい。

もし子会社化している場合、会社も違うけど、親会社という明らかに立場にすら格差のある人間構成なのでとてつもなくえげつない現場になる。

 

最近は大分IOTも進んでおり、システムなしでは会社はタチいかないので大分開発の立場は改善しているらしいが、昔は本気でゴキブリなみの扱いだった。

障害が出ないのが当たり前、障害が出来たら得体のしれないシステムを扱っているこのSE達をとことん攻める事しか出来ない人間達が、ITの世界からは理解不能な言語で罵倒してくるのである。

 

「この人達現代に住んでいるのかな?」って思われる内容の防止策とか普通に言ってくるので相手するだけで常人の100倍の力が必要だったのは今でも覚えている。

自分達を神様か何かだとでも思っているのかなと本気で切れそうになったことも一杯あったなぁ・・・・システムがなかったらおたくらそもそも仕事すらないやろうになっと。

 

なので、同じ社内SEといっても、ちゃんと業務内容を見ないとエライ目に合うので注意。ちなみに私は今の会社に入ったのは②に募集するつもりでいった。

但し会社の規模がそこまで大きくなかったので、おそらくそこまでタイトなしばりや定型的なスケジュール管理はしていないので開発現場自体はそこまでシビアではないだろうなと思ったから。(これは経験でしかわからない)

 

実際ビンゴだったわけだし、社内SEの仕事部分をやれる人間がいなかったのでそこもマッチしたというのが偶然の産物だった。

 

 

募集見てると、社内SEとか言ってるけど、社内で請負開発やってるのも社内SEって書いてるのもあるんで、ちゃんと業務内容を見ないと「社内SE」だけで検索すると面接1回分時間の無駄になると思う。

 

そして①は本気で募集は出ない。②はかなりたくさんあると思ってよい。

①はそもそもやめる人間がいないのがある。

 

何故なら人間らしい生活が出来るからだ。

なので、長期で転職を考えてる人は①の業務内容をきちんと確認して、応募が出来たら募集するのがよい。特に病院関連は年収は激低いが高速時間は相当低いだろう。

そのかわり社内SEの立場も結構低いのではないかなと思う。

 

 

さて、そんな社内SEとしてなんか生計立てている人間の経歴も少しだけ。

 

私の経歴だが

1個目:独立系SIER

聞こえはいいが単なる人材派遣会社だった。会社規模も小さいので客先常駐しかなかったし。

普通に客先で開発やってた。

 

java関連開発 

 

2個目:ユーザー系SIER

上の②の会社。死ぬほどつらかったし、仕事出来ない時は相当いびられた。

ジンマシン出たり過呼吸出て救急車乗せられかけた時もあった。

でも、ここで学んだことが今の私の仕事のやり方の原点といってもいい。

会社自体はかなり上に行く人間は好きになれなかったが、学んだ内容、スキルは本当に財産だと断言できる。

 

仕事への考え方や、関わり方も学ぶ事が出来、会社を辞める時はそれなりに惜しんでもらえたのは今でもよい思い出。

 

インフラ、社内調整、基幹システムの要件~運用・保守まで全て

顧客折衝

 

 

3個目:独立系Sier 最初はよかった。自社案件に配属されてまったりと出来ていた。

だが、常駐作業をしてから、おそらく管理~開発まで全部出来るのがバレタのだと思う。客先常駐と持ち帰り案件が続くようになった。

子供が生まれた直後嫁がノイローゼになりかけた時に何も助けてもらえず、なんとかプロジェクトだけはやり遂げて退職。会社としてはそこまで悪くはなかったけど、好きにもなれなかった会社。ここでは要件定義~概算見積や、マネジメント、品質管理、一括請負現場の負の部分を学ぶ事ができた。

あんなやり方してたらまともなプロジェクトなんて生まれるわけないのはよくわかる。

 

この全てで私が比較的多かったのが、プログラムやインフラが少し深く、少し広いくらいだったので、プログラムの調査や標準化、インフラ担当との調整業務が付録でついてくることが多かった。後、おそらくコミュニケーション能力は、普通なほうなのもあったと思う。

 

そしてプライベートで結構パソコンいじったり環境作ったりするのも好きだったからかな・・・・

 

マネジメントや品質管理の一般的な知識は勉強できたきがする

 

っという経歴です。

 

今の会社で保守・運用、開発、マネジメント、コミュニケーション、社内調整、インフラ調整で全ての経験がマッチしているのが大きくはある。

 

そして結果として、現在の職場では残業はほぼ0になった。

給料は独立系Sierの頃と変わらなくなるところまで上がっているのであまり不服もない。(多分sierにいたらかなり上がっていたかもしれないけど・・・)

 

っということで、人間らしいSEになりたいのであれば社内SEは確かにお勧めできる。

自分から提案や改善、業務改善などの提案が出来るのであれば(私はやっているほうかな)立場もそこまで低くならず、給与も下がらずにそれが実現できると思う。

 

そういうタイプの社内SEになれば十分に楽しく仕事は出来ると思う。

 

 

 

 

 

どうでもいいことをグチグチと

●まずはWカップの愚痴

2戦目までは頑張ってたけど、ポーランド戦なんだありゃ・・・・

 

正直2戦目でセネガルに引き分けたときに、個人的感想「やばい」としか感じなかった。何故かいうと、日本が「引き分けでも決勝リーグ」の可能性が残ってしまったからだ。

 

この可能性が残ってると力を温存しようとか、プレイにもろ出るのが日本のサッカーだとずっと思ってる。例え監督が攻撃を緩めないといっても結果としてそうなると思ってた。

 

案の定そうなった。2戦目までは感想として「日本のサッカーのレベルも上がったなー」って思ってた。3戦目は「見慣れた日本のサッカー」だった。

結局1チャンスをポーランドに取られるのも、あそこまで消極的なプレイしてたらそうなるよ。見てていらいらした。

 

ボール回しもそう、せっかく相手陣地に入っても一人で切り込んでいくこともせずにパス回し。素人かって思えるプレイの連続。

引き分けでもいいと頭にある時のプレイだなーとしみじみ感じた。

 

挙句にコロンビアが1点取ってからの選択肢はボール回しと来たもんだ。

確かにポーランドと利害が一致したとはいえ、また面白い勝ち方とはいえやはりちょっと情けないと感じるしかない。

 

まさか日本戦からチャンネル変えてコロンビア戦を見ることになるとは思わなかったよ。スポンサーのフジもたまったもんじゃなかったろうな。

まさかのNHKにまた視聴率持ってかれただろうし。

 

決勝トーナメントに行くことがそんなに重要かね。

 

せっかく4年に一度のお祭りなのだから、全力で楽しんでもらいたいんだけど。

勝つことだけに意義のある大会なんだっけか?ワールドカップって。

 

まぁとりあえず次は全力で戦ってほしいかな。

負けるでも構わないけど、かっこいパス回しとか、敵陣での短いパスワークとかもいらんので泥臭く攻めてほしい。勝ち負けはその後についてくると思うし。

 

結局それなりに見る気満々なんだよな(笑)

サッカー自体は普段は全然興味がないんだけどどうしてもワールドカップだけは見てしまう。そのくらい楽しみにしてるんだから頼むよほんと。

 

 

●採用の愚痴

最近は本当に人も見つからないので長い目で人を探しているのだけど全然来ない。

紹介派遣も使って派遣経由で正社員もっと考えて紹介してもらっているがこれまた中々厳しい。

 

派遣にいる人って皆あんな感じなんだろうか・・・・・

自分を持ってないというか、消極的というか、この年齢で考え方がこれかっという人が本当に多くびっくりした。

 

最近うちの会社にも新入社員が入ってきたが、その子らのほうがよっぽどちゃんと自分のビジョンやキャリアパス、やりたい事も明確で楽しそうだぞ・・・・

 

こりゃ1年スパンで探す事になりそうだ。

 

私なら、一旦転職サイトに広告費出して募集をかけて短期で早めに見つけたほうがよいと思うけど、今はハローワークと無料の掲載サイトだけだから、中々質のいい人が集まらない。

 

言い方悪いけど、早期退職でのっかった50代の人しか集まらない。

そういう方達って、完全未経験で来ても、経験職で来ても給与が折り合いつかない。

それか、なんとなーく就職活動してる人だけだよね。

 

実際私も基本的にはDODAとかtypeとか利用して活動していたし、そっちのほうがあまりにはずれ企業にあたらないもんね。当然の選択肢。

 

 

とりあえず、もう諦めて長期で人を募集し続けて行こうと心に決めたところ。

後、うちみたいにSIERでもなんでもなく、採用できる人間も限られている会社なんで基本的に「好き嫌い」でとろうと決めている。

 

スキルもある程度は大事だが、女性も多い職場だし「清潔感」「コミュニケーション」

「喋り方」などとても大事。

普通の人ちゃ普通の人なのだけど、その普通が意外に見つからないので困っている。

 

ま、のんびりさがすさー。

 

 

Uターン転職・・・

さて、最近久しぶりに嫁がまた地方に行きたい病が出た。

今回は私の地元福岡なら仕事もあるやろから見つかるなら子供が小学校にあがるまでには地方に行こうとのこと。

 

ターゲットは多分オリンピックが終わった2020年の9月から2021年の4月までのようだ。

 

まぁたしかに父親と母親も老齢でもまだ健在だから色々とメリットもあるし、関東圏よりは人も少ないし緑も多い、疲弊は少ないかもしれないなとは思う。

今は昔と違って東京に出ないと手に入らないものも相当に少なくなったわけだし。

 

ただ、そういう諸事情を鑑みても色々とハードルは高い。

 

①私の仕事、嫁の仕事

②家

③年齢

 

①まぁ普通に問題になる筆頭の仕事。嫁はまだいい。看護師だからどこにいても仕事口に困ることはないだろうな。

 

私も正直ある程度の企業では雇われるしそこそこやれる自信もあるのだけど、給与がある程度の水準を担保出来るかというと、地方だけあってかなり厳しいと思う。

別にコンサルとか超上流ばかりやる人間ではないので、元々給与水準がかなり高いわけでもないし、既に仕事にあまりウェイトもかけたいとも思っていない。

そうなると年収は確実に落ちる。下手すれば200万とか落ちる。

 

それに耐えきれるかが疑問。

 

しかも今の会社と仕事を私はそこそこ楽しんでやっているので今は転職をベースに考えたくないのも事実。将来性もかなりあると思っているので、それなりに長く勤めたいとも思っている。

一度上司に相談してみるのもありだろうか。

 

少し贅沢を言えば地方正社員とかで継続雇用が理想だけど、考えれば考えるほどハードルが高い気がしてならない。今の私のポジション自体がそこにいることに比重がかかっている仕事内容であるためかなり難しいと感じる。

 

②家についても問題。マンションとは言え持ち家だ。

売却に関してはおそらく買った時より高く売っても売れる可能性が高いくらい地域の価格が上がっているようなので、後は早めに売れるかどうか。

賃貸にしたほうがいいのか?っとか色々と考えることが多い。

 

ただ向こうではさすがに一軒家にするだろうし、さすがに素でローンを組むには厳しい年齢だよなーと。

だめだ、今は考えがまとまらん(笑)

 

③さすがに年齢的に最後の転職にするつもりだったので、予定外の転職だ。

嫁がノイローゼになったときも予定外の転職だったが、結果としてよい風に回っていると思っているのでよいがそう何度も予定外を繰り返して当たり物件を引き続ける自信もない。

 

そもそも今まで転職を繰り返していて、ほぼ全て4年~5年弱で転職しているので癖になってるの嫌だったので長く勤めたかったし、もうあまりキャリアアップとかで転職する歳でもないのも事実。

 

 

っとまぁ色々と嫁や子育ての為だけに動くには重い内容が揃っているのも事実。

 

確かに地方に行ったほうが生活はしやすいだろうな。

自然も多いし、地元福岡であれば車があれば、関東ほど苦労せずに海も山も堪能できると思う。ただそれを思い立つには少々歳をとりすぎているのも事実。

 

もう少し先立つものがあればよいが、今はむしろ現金も減っていっている状態。

金融資産はそこそこ多いがそれに手を付けるような状態でもない。

 

今のままだとさすがに決断は不可能だなぁ。

 

まずは会社にそれとなく打診してみるか。

地方での雇用が無理であれば多分実現の可能性はかなり低い。そもそも私が嫌だしなぁ。

 

 

さて、いろいろ考えたらめんどくさくなってきたのでやめよっと。

 

何かいい方法ないかな。

システムの事を知らないシステム部の管理者

今日は仕事場での、まぁそこまで重大でもない愚痴。

 

最近の会社事情。入社してとうとう2年と3か月ほど経過。

会社も大分よいように改善しているイメージ。

 

言い方悪いけど、自分が入社してから結構色々な部分は改善していると思ってる。

当然こんなこと職場で言うつもりはないが。

 

労務部分や福利厚生も自分が具申していた一般的なものが採用になっていたりもした。

システム部で最も注力すべきところをきちんと把握し、人数が少ない割に注力すべきところを絞っていった結果、また業務部門の部長も変わり、かなり業務の改善を図った結果、入社した時から問題だった部分が改善したと思う。

 

売上も今のままで行けば、人数はあまり増えずに売上が2倍になりそうな勢い。

 

ただ唯一の心残りは、IT系のスキルを持つ人間は専門職採用なんだということを、自分の上司と経営者に理解してもらえなかった部分だ。

 

悪いがネットワーク関連のスーパーエンジニアも大事かもしれんが、それよりも数も少なく、その専門性は特筆していると思っている。巷でいう湧いて出るSIERのエンジニアのことではないから正直見つけるのは相当大変だと思う。

 

そして、専門性に特化したメンバーが給与が低すぎたりして2名抜けて、自部門は3名になった。私が入社したころはなんと7名もいたから凄い減りっぷりだこと。

 

そして会社としてはシステムに投資して効率を上げて行こう!なんていい始めた。

 

遅!!

 

急ぎ採用をしないといけないが人がまず来ない。

やっと少し認識出来たらしいがもうすでに後の祭り。

 

特に業務系エンジニアは来て即戦力も難しい。業務理解が必要だ。その上、自分達の会社の様に独自の在庫管理をしている会社では学ぶしか方法はない。一般論が通用しないからだ。

なのできちんと中~大規模の開発をするための設計者は3年は覚える時間が必要だと伝えてきた。

 

しかも、待ち受けで指示待ちの上流設計者がSIERには溢れているのが実情。

社内業務をきちんと理解しながら設計をやろうと考える上級SEを見つけ育てるにはそれなりに時間とお金がかかる認識がなかった。

 

今、会社の中で設計エンジニアで生き残っているのは私だけだ。

その私も、会社の横割り作業や、インフラ関連、部署調整作業で開発メンバーに影響がでないように全て私に一極集中させて、他のメンバーが開発作業に集中できる様にしている。だからこそ、高効率部分に特化して開発を実施できているので今の現状だと断言してもいい。

 

私が何をやっているか知らない人も結構いるかもなーと思う。

何せ完全に「縁の下の力持ち」状態をしているからだ。

 

社内SEとして全社の効率化に一助しつつ基幹系システムの小粒開発を調整、改修しているのが私だ。大規模は集中できるメンバーに任せている。

 

もし今私が辞めたら間違いなく会社の五か年目標は達成出来ないと思う。

 

 

そしてうちの経営者級の方達は辞めてみてからそれに気づく傾向にある。

特にシステムに疎いのでシステム部門は見えていないんだろうな。

 

 

ちなみに私も昔の知り合いに声をかけたが、エンジニアは相当にいないらしい。

いなくなった理由は概ね以下だろう(私も同感)

①AIブームに転換、もしくはPG志望者はそちらに流れた。

②総じて会社でのシステム部門の意味が昔と比べて高くなった(特に大手企業~)

③②なので昔のように必要になったから集めるよりは、きちんとキープしておく体質になった。

④ITゼネコンと呼ばれる日本独自のブラック体質により若手が増えていない

 

っと言う理由だろう。

①はまだいい。流行りすたりもあるだろう。

確かにAIも進化し続ければよいが、正直今時点のAIでは用途を選ぶし、今流行りなので一時的にエンジニアがよっているだけで、おそらくまたブームが去ると思う。

今のAIのレベルだとまだ本当にAIと呼べるところにいきつけると思えない(どうしても普通のプログラムの範疇を出ていない気がする)

 

②③④は由々しく、今後切実になる問題だと思う。

なにせ日本のIT業界では人間は使い回し、給料は安く、仕事時間は青天井な文化を自分達で作ってしまった。

実際儲かるのだから仕方ないのだろうが、商品はあくまで人なのだ。

その風聞が立ってしまえば人が減るのは道理。

 

知人に聞いた話だと、単価が10~20は上がっているとの事。

うちの募集も20万ほど上がってて笑った。

 

他にも外注や採用関連の業者の話を聞くと本気で転職考えたくなる金額になってて笑った。子育ても一段落して残業とかしてもよくなるようならまだ転職考えられるかなぁ。

 

どうもうちの会社釣った魚に餌やらないタイプの会社だから、それもありかなー。

 

 

そして、今一番の悩みは、うちの部署の部長がシステム部門にあまり興味がないこと。

理解しようという姿勢が見えない事。

 

スケジュールやリソースは言葉で何度説明しても頭に入らないようだ。

理解しようとしていないのだから仕方ないのだが。

1時間会話して図にあてこんでやっと8割理解してくれたからよいのだが、とにかく経営層よりも知識がないようで、妙に諭されて返ってきたりととにかく大変。

 

部門の目標も結局私たち作業者に全部作らせたし、説明も私たちがしたし、部門の進捗報告もブッチしはじめた。

 

メンバーに面談したら、特に不満はないが改善してほしいことに「部長はもう少し自部門に興味を持つべきだ」なんて回答が満場一致で出てくる始末。

 

さてどうしたもんかいな。

 

気分屋すぎるのも問題なんだよなぁ・・・・

 

 

他の部門に指示出すけどIT系のことはきちんと伝えられないらしく私が呼び出されて整理する始末・・・

興味ないなら口出ししないで素直に聞けばいいんだけどそこは凄いプライド高い人なので大変だし。

 

まぁあまりにひどいようなら会社離れりゃいいだけなので私は正直あまり媚びるつもりもないけど、それなりにメンバーとの開発は楽しいのでよりよくなってほしいなとは願っている。

 

今日は単なる愚痴でした。

geforce1080 満足じゃ

単なる自己満足記事。

 

動画の再生がカクツカなくなったことが自分の中では結構大きかったらしい。

非常に快適。

 

メルカリで購入し、保証期間中なのでいまのうちに可能な限り使っておいて壊れないことをちゃんと確認しておきたい。

 

最近マイニングブームも落ち着いて1070を売りに出している人が多い。

だぶついてますが、相変わらず素敵な高値で出ています。

 

普通にグラフィックカード欲しいだけの人は迷わず1080で購入なので買う人はまずいないでしょう。一気に中古市場では1070が価格崩れを起こすかもしれませんね。

ただ、GPUを75%フル稼働している場合2か月でもあまりゲーマーで買いたい人はいないかもしれません。

 

普通にゲームしててもまず75%とかいかないし、24時間稼働しっぱなしとかないですからね。普通使いからは考えられないほどの負荷かけてますからね。

保証がなければまず買う人はいないと思ってます。

 

壊れてもいいくらいの1万円くらいになればきっとたくさん買われるでしょうけどね。

 

 

1080はマイニングでほぼ売れなかったようなので安定しているでしょう。

中古市場も1080だけ全く出てない(笑)

 

正直1070と数千しか変わらない現状であれば1080で十分。

ぶっちゃけマイニングも1080買ったほうが効果いいんじゃないかな?

 

 

まぁ知らない世界の話なのでどうでもいいですが。

 

ブルーレイ再生でこの全くカクツクことがなくなった。

4Kなんて最初から正直どうでもいいので、このパソコン達真面目に10年くらい戦えるんじゃないかなと期待しています。

 

3970Xの1号機は壊れたら部品とっかえ出来るかどきどきだけど、まぁなんとかやれないこともないでしょ。

 

CPUの性能もコア数以外頭打ちなのはどのベンチマークみても明らかだし、マルチコア対応のゲームとかもまだ当分出ない現状、今PC作っておけば10年は自分の使い方だと困らないなと確信しました。

 

いやぁCPU性能が頭打ちとかいい時代になったもんです。

 

ベンチマーク追記!

1号機のブルーレイデータの読み込み時に嫌にカクカクするのが嫌だったのと、やっぱついでにアップデートしておこうと思い、1号機にも1080をいれてみました。

購入したのはgigabyte 1080 gaming 8G

 

ちなみに前回の結果です。

 

①1号機:core i7 3970x  geforce 680

②3号機:core i7 8700k  RadeonHD 5870 2GB vapor x

③3号機:core i7 8700k  msi geforce 1080 8GB gaming

------ここから追加

④3号機:core i7 8700k  gigabyte geforce 1080 8GB gaming

⑤1号機:core i7 3970x  gigabyte geforce 1080 8GB gaming

 

FF14紅蓮(前回記事より備考削除)

①7742

②4362

③18777

④18323

gigabyteの方が1万も高い割に定格性能がいまいち。温度は同じか3連FAN分気持ち

低い感じはするがMSIと同じくらいか。大きさがMSIに比べて小さいのはメリットだが、正直2台ともケーススペースは十分なので恩恵なし。

っということで1号機にはMSIを再び設定

⑤16215

今回確認したかったのはこの⑤

 

④と⑤の性能差が2000程度しかないこと。

CPUは3970x 8770Kで共に6コア。

 

3970x当時のフラッグシップモデルだったとしても5世代前のCPUではあるがVGAが同じ物としたときに1.13倍しか差がない事に驚いた。

 

っということは、①→④で残りの9000以上のスコアはVGAの進化によって出されたものと言う事になるのか・・・・およそ2倍近く進化したということになる。

一昔前はCPUの進化が激しすぎてビデオカードがついていけなかったが、ついにGPUの性能の進化がCPUをぶっちぎったということかーと実感。

 

次世代1180はまた3割増しとの噂もあるが、まぁこれ以上今度はGPUが進化し続けた時に今現時点で自分達にメリットがあるとはちっと考えにくかったので、1070~1080で組んでおけば少なくとも「3Dゲームを23インチモニターで最高に快適にプレイする」はほとんどのゲームで達成できるということでよしとした。

 

後、680だとブルーレイのデータを全画面で再生してる最中に後ろで何か色々動かして優先が下がると動画がかくついたりして非常にいらいらしていたのはどうやら解消したみたいだ。やはり動画の再生支援がブルーレイに追いつけたのもここ数年のようだ。

 

 

680なんて2012年の当時は相当話題になるほどスペック高かったんだけどね、CPUでいうとcore2duoみたいな感じだったのかな。

騒がれて実際凄い進化はしたけど、フタを明けてみたらcore i シリーズの前に消えさった的な。

 

っということで680では既にブルーレイデータは不十分でしたとさ。

さて、やっと全ての心残りupdateは完了した。

 

お金は完全につきましたとさ。

 

さて、今後はまたお金を貯めて稼いでいきましょー。

 

レバレッジ規制10倍 断固反対 有識者会議に無識者がまざってる件

スノーキーさんの有識者会議の動画見ました。

 

また無知識者が有識者会議で発言したためせっかくの英断が少ししらけてしまいます。

こういう馬鹿がいるから日本がどんどん衰退するんだと感じました。


私が何にひっかかったかというと、「上柳」とかいう委員の発言についてです。
その馬鹿が冒頭に以下の発言をしたそうです。

 

①同じ金融商品株の信用三倍に比べても高い

 

②小額で楽しめるというのは投機だ

 

③生計を立てるものではない。

 

①同じ金融商品株の信用三倍に比べても高い

典型的なエア投資家か、単なる分散投資で塩漬けしてるだけの人間の発言ですね。

リスクの話だけすれば、スイスフランショックが起こる確率より、ストップ安を2回食らう確立の方が遥かに高いだろうと普通に分かるだろうに。

 

為替は一日動いても6円とか落ちても2%程度の値動きなのに対して、株はストップ安2回でも食らえば66%割動きます。

 

わかる?ドル円がいきなり30円とかになるのであればそりゃレバ25は高いとなるけど、株はそんなのがごろごろしてるわけです。それなのに3倍の信用とかあるわけですよ。

単純に考えてリスク倍率だけなら
2% * 25倍 = 50
66% * 3倍 = 188

っと遥かに株の方がリスクが高いわけです。

 

また、ストップ安に制限はないので3回4回あるから当然破産するリスクは高い。
為替は約定しないリスクはあまりないのでそこはある程度考慮できる。

 

スイスフランショックをやりだまにするのであれば、リーマンショックのときやライブドアショックの時の投資家の悲惨な現状を引き合いにだすべき。

そもそも他に危険な商品はくさるほどある。
商品先物やプットオプションなど非常に危ない。

 

また、出来高の低い通貨のレバレッジを規制するのならまだわかる。

主軸通貨であんな人災起きるわけないだろと。

 

私からいえば株の方が全然怖くて手が出せない。

レバレッジの数値だけ見て発言していることからもエア有識者、エア投資家であろうことは間違いないと思う。

一生有識者会議に出てくるなと思った。

 

②小額で楽しめるというのは投機だ

 

ん?敷居が高いと投資なのか?全くイミフ。

お金がある人は知識もあるからリスクが少ないと遠回しに言ってるのか?

 

何様だお前は。

 

きちんと出来ていないのはこの国が国民に投資についての知識をきちんと教育しない事が悪いのであって、誰でも投資の世界に入る権利はある。

そして、投資の世界で羽ばたく人がいるのも事実。

 

藁にもすがる思いで投資を始めて成功した人だっているだろう。

いつから恵まれただけの人間の道楽 = 投資となったんだ?

 

頭の悪さがにじみ出てるなぁという印象

 

③生計を立てるものではない。

 

んじゃ何するもの?投資で食ってる全世界の投資家ばかにしてんの?

 

ウォール街にFXで飯食ってる人がいないとでも思ってんのか?

 

ニートだけをやり玉に挙げて表面的な意見しか言えない新の無識者だな。

 

もうね、こんなのが金融庁に召集された有識者会議にいるだけで日本の恥かなーと思う。情けなくて涙出てきた。

 

 

そしてこんな阿保の一言で規制が始まらないでよかったと本当に思う。

 

スノーキーさんの動画の中で座長が発言した内容はとても公平な内容となっている。

市場規模に対してリスクを減らす努力を行う点は別に誰も反対はしないだろう。

 

投資家だって自国が破綻したり大不況になったりするのを望んでいるものはいないのでそういう内容で業者に対しての資本率上昇やストレステスト、バケットショップのカバーとかを求めるのは別に構わない。

 

だが今回のレバレッジを10倍にし、そして金融取引所だけを25倍に添え置きする点と、そのリスク回避は明らかに目的に乖離がある内容だったとほぼすべての人が受け取っていたわけだ。

 

明らかになにがしかに利権による動きがあったとしか思えない。

もしくは財務省があんな状態で、内閣支持率もひどいからそれどころじゃなくなったのか?っとかね。

 

とりあえず今回の事は評価するけど、麻生には早く辞めてもらったほうがいいと思ってるし、一度安倍政権は崩れていいかなと思う。

 

別に民主とかが政権やれるとは思ってないけど、アベノミクスとか偶然投資家が買い戻し始めた時期にとってつけた形のない経済効果で助けられて結局何もしていなかった政権が今露呈し始めたのだろうから、一度政権は変えてふるいにかけたほうがいい。

 

もう少ししたら小泉チルドレンとかみたいに馬鹿な議員がまた増える可能性すらあるし。

 

さて、横道にそれましたが、とりあえず今回はほっと一安心だが、また上の無識者の様な発言をする馬鹿も出てくると思うのでその時はまた発信していこうと思います。

 

いやはや反対投稿や、発信し続けた皆さん、本当にお疲れさまでした。