FXと愚痴と私

日々思う事とFXで金儲けの事

モチベだださがり

ダメですね、10倍規制のニュースと同時に完全にやる気も失った自分です。

どうやってうまく稼いで、いかに税金を払わずに、国外に出るやり方とか調べてます。

 

そのくらい萎えています(笑)

そしてこの国の未来が不安です。

 

中国では「習 近平」氏が最強の権力を握ってますね。

なんでもやり放題というのはどんな気分なんでしょうかね。

さぞ気持ちのいいものでしょう。

 

なんか国を批判した100人くらいの弁護士たちが当局にとらえられたとかなんとか。

さすが最強の共産主義。規制なんて簡単だわ。

自由もへったくれもありゃせんね。よかったわこの国じゃなくて。

 

っとか思ったけど

 

あ、そういえばうちの国の金融庁も同じでしたね。

 

日本共産主義国とでも名乗ればいいのにと思います。

 

結局安部さんも再選したし。

規制は一直線なんでしょう。

 

あんな馬鹿官僚に潰されるFX企業やトレーダーはどんな気分なんでしょうね。

正直金融庁無くなっていいかの投票があったら1000票は投票したいですね。

無くなったらきっとこの国も活性化すると思いますわ。

 

もう金融庁不要を訴えるくらいしかできないのでせめてずっとこの気持ちを忘れずに発信し続けて行こうと思います。

なくなってしまえ。

 

 

総選挙は、まぁ今回は完全に小池さんのミスですな。

変に注目されて調子こいて、選別みたいなことするから。

志が違うとかどうとかいうなら最初から連立なんて建てんで独自路線でいったほうがよっぽど投票されたと思うぞ。

 

そもそもあんな馬鹿野党と組まんほうがよかったと思うけどね。

 

しかも、希望の党の人間も選挙終われば小池さんに退任願ってるし。

 

えっと、馬鹿じゃないんですかね?

 

ここで退任を迫ったりする方がイメージ悪いのわかんないかね。

選挙の為だけに前面にたってもらっただけと言ってるようなもの。

 

ほんとろろくでもないのしかおらんな。

 

自民が勝つべくして勝ったということか。

 

 

 

まぁ、自民が変わらん限り金融も変わらんやろ。

 

株の底上げで景気をよくしようと見せかけて、それ以外の規制をかけ続けるんやろな。

証券会社は潤うし、天下り先が潤うし、税金も入ってきて搾取する動き。

 

規制規制で銀行は最も規制の低い個人への貸し出しローンで自己破産者も増え始め、クレジット会社もリボで稼ぐために詐欺に近いレベルのシステムを導入。

 

そして極めつけは大企業以外に特に景気がよくなり給与が改善されたという状況に
まったくなっていないこと。

 

規制に始まってかなりお金がらみが劣悪になってきたなという印象。

 

日本の不景気の原因を間違いなく作っている一つの原因に金融庁がいるのはわかるな。

 

金融がらみの詐欺や不正は取り締まればいい。

ただ破産者の意見を真に受けて投資を抑制するのとは話は違う。

そもそもそこに正当性があるのであれば競馬、競輪、競艇、パチンコ、宝くじ、カジノ
も全て撤廃するべきだ。

ギャンブル依存症で苦しんでいるのはFXではなくても多数存在している。

 

全ては高い税金で税収になっているから規制しないだけ。

 

ではやはりそこに、破産者が多いとかそういった金融庁の言い分、個人擁護の正当性は
存在しないと思う。

 

さて、今後夢も希望もなく、とにかくお上が搾取し続けるこの日本経済の停滞と不安感はどこまで増えていくのか。

 

正直今回の規制や選挙で恐怖すら覚えました。

 

日本の未来は本気で暗いなぁ・・・・

レバレッジ規制10倍 どうしたもんじゃろか

表題の件、やれるだけはやってみてます。

 

金融庁に投稿、官邸に投稿。
はたまたメディアにも投稿掲示板に投稿してみてます。


目的が利権以外存在しないキチガイな規制をもっと世間に広め、周知するしか現状は何も出来ないので少しずつ広めるしかありません。

 

噂では、単なる金融庁の1部署が点数稼ぎのために規制しているとかいう話も出ています。確かに天下り先でなければ点数にはなるかもしれませんね。

 

天下り先であれば逆に凄まじく失点になるのでしょう。誰のための金融庁なのか。

 

クリック365もやってればまだ大儀もたったのでしょうが、それでも全く今回の規制に根拠はありませんけどね。

 

こんな国に誰がしたかといえば、民主主義国家のわが国では自分自身がそうしたとしか言えないのが現状です。

 

ですが、今からでも遅くありません。

 

まずは投票しましょう。

 

私は昔から公務員にクビがあっても給与が下がる制度があるべきだと思っています。

 

何故ならこんなバカが、全く金融商品の状況も知らない1馬鹿職員が企業やその分野の経済を潰すことが出来てしまう権力を持てるまでになってしまうのは評価制度や馬鹿が先輩になるような政治になってるからです。

 

どんな企業でも使えないのは左遷されるかクビになるだけです。

公民だけです、こんな馬鹿が企業に制限を加えられる権力を持てるのは。

 

こういう馬鹿はクビに出来る制度、民間からでもきちんと根拠あれば暴挙を止める制度が必要だと思います。

 

少なくとも、今の天下りや利権まみれの自民は絶対にそこにテコをいれることはないでしょう。一度政権がひっくり返って政治が混乱するかもしれません。
でも、一度はその痛い目も私たちも受けなければいけないと思います。

 

こんなバカな与党を作ったのも、政権ひっくり返した時の民主党の様なぼんぼん馬鹿の集まりの党を作ったのも私達だからです。

 

個人的にはもう少し民主党には続けてほしかったですけどね。

 

まずは一度綺麗にするところからです。

このままではこの国は共産主義国と変わらない、常に管理だけされた国になってしまいます。夢も希望もまったくない国になってしまいます。

 

今はとにかく1票を投じてこの国を変えていきましょう。

 

利権まみれの政治家はこの国にはもう不要です。

ここまでこの国に危機感を持ったのは初めてです。

 

皆さん頑張っていきましょう。

私も出来る限り頑張ります。

 

もうだめだと思ったら本当にこの国を脱出しようと思いますけども。

レバレッジ規制10倍の裏

さて、ちょっとFXはモチベーションも下がってお休みがちです。

 

トレードを見直しているのもあるんですが、何より表題の件でこの国への失望感が半端なく、トレードする気が起きないのも現状です。

 

ついに本性出し始めたみたいですね。

 

「クリック365は規制なし」

 

いやぁ、屑ですねぇ。

よくこんなことして税金もらえてますね。

 

「個人投資家の保護」

「日本初の金融恐慌を阻止するため」

 

いやぁこんな御託並べてましたけど、馬鹿がやっと本性自分から晒してくれた感じです。

 

この世で一番いらないのは金融庁だと今回実感しました。

この不況と経済の停滞招いてるの金融庁が原因だと思い始めました。

 

決して突飛ではないと思ってます。

 

お金を循環する仕組みを自分達の懐にいれて税金とって潰す所からスタートするんだからそりゃそうなりますね。

 

ちなみにクリック365は店頭FXに完全に負けており、下火です。

同じFX業者なんですけど全然違います。

 

まぁ官僚の天下り先の人間が経営してるんですからそりゃ顧客なめくさってるんでしょうね。一般の企業の努力に勝てるわけないですよね。

 

スプレッド一つとってもトレードなんてする気が起きないレベルにひどいですからね。

10年前に戻った感じのスプレッドです。

 

 

証券会社の商品や競馬、競輪、競艇、宝くじ、カジノ。

そのすべては各省庁の財源になっています。

宝くじとか集めたお金の半分は税金ですし、他も4割くらい税金です。

証券会社は官僚の天下り先だからですかね。

クリック365も大蔵省とずぶずぶなのは前の記事を参照ください。

 

カジノはどこの財源なんですかね。

 

要するに店頭FXは各省庁の息がかかってない

 

「超珍しい金融商品」

 

なんです。

税制も比較的安く、20%です。

素晴らしいですね。サービスも顧客第一です。業者さん凄い頑張っています。

 

だからこそ、金融庁は潰したいんです。

 

前の記事も書きましたが、日本は活気が出てくる市場には規制と重税をすぐにかけてきます。まず国に集めてばら撒くスタイルです。

 

だからせっかくの市場が伸びないんですね。

 

ちなみにアメリカでは50倍です。

それでも低すぎると指摘されまくってます。

 

日本の25倍は世界と比べてもかなり低いです。

 

 

都合のいい所だけは真似しないんですね。

ゼロカットを導入しないのも日本だけです。法律がありますからね。
証券会社保護のためです。

投資家の保護とか一切考えてないですからね。

 

本当に官僚が都合のよい仕組みになってるなと実感できますね。

 

共産主義のかの国となんも変わらないですね。

 

 

っということで、ほんっとにこの国に失望しています。

では実際に10倍になったらどうしようかなといったところです。

 

①現状の業者で10倍でちまちまやる

②海外の業者を使う

 

どちらかかなと思ってます。

 

①現在の業者で10倍でちまちまやる

 

やっぱり今の業者さんの信頼度は高いのでこれが現実的なので建て玉減ってもやるがいいのかな。何より顧客の為に頑張っているのがよくわかる。

今後更に規制が激しくなったらその時がFXをやめるか②ですかね。

 

クリック365とか絶対に使うつもりはありません。
例えずっと25倍が続いていても今回の1件で絶対に使わないと決めました。

 

今まで悪とも思ってませんでしたし岡三証券の365口座も持ってました。
今回の1件で絶対に使わないと決めています。

証券会社の商品も絶対にやりません。

 

これは私の意地です。

 

それやるくらいなら他のお金儲け探すことに決めています。

そしてこの国をいつか出たいと思います。

 

②海外の業者を使う

海外の業者は多少トラブルも多いけど、そんなに大きくない金額なら税制も悪くないしちまちまやるにはいいと思っています。

 

まぁ金融庁はかなりの糞なので、レバ規制25倍になったときもかなりの海外業者に日本じんは禁止の命令を出したみたいでその時もかなり潰されていました。

 

今回はどういう手できますかね。

 

このあたりで打つ手が全て潰されたら、この国の金融に全く興味はないので頑張ってお金稼いで移住したいと思います。

生まれ育った日本という国にここまで嫌悪感が生まれてきたのは人生初めてです。

 

 

後、衆院選でしたので投票に行ってきました。

まずは非自民一択でした。

 

こんな調子こいた国にしたのは紛れもなく自民でしょう。

今回の規制はとめられないとは思いますが、まずは誠実に政治をこなしてくれることを信じて希望の党にいれてみました。

 

小池さん自体は頭いい人ではないと知っている人から聞きました。

私は頭いい人なんかに政治家になってほしいと思ってません。

※まぁ民主のおバカなボンボンにもなってほしくはありませんが

 

とにかく国民に対して真摯でいてくれる人。

これであれば多少おバカでも政治家になっていいと思ってます。

 

そういう意味では豊洲問題などで少なくとも利権に縛られずに進んだ小池さんに今回は投票してみようと思いました。

 

官僚と天下りを無くしてほしい。

切に願います。

 

この国の未来はとてつもなく暗い。

 

そう感じました。

FX_20171012(少々休止中)

いきなりですがちょっと休止中です。

 

全然大負けしたとかそんなんではないのだけど、金額が上がるに連れて自分のトレードがまだまだ完成されていないことを身に染みました。

 

複利の力でどんどん金額が増えていくのにトレードは変わらず好き放題やってるだけなので少し頭が振り切れそうな気がしてきました。

 

ここで今一度自分のトレードの見直しを図ろうと思いました。

 

一旦お金をかなり出金して、家の金としていれました。

もうここに入った時点で私のお金ではないので再度出すことはできません。

 

ただ、2年前に本来家に入れるお金だったお金なのに、借金の充当に充ててしまったことを結構心にひっかかっていました。

他には別に悪い事ではないけど高価なPC買ったり、ネットショップの仕入れ代金とか無駄に浪費したお金もあります。

 

今年子供が二人目なのにあまり現金もないので(積立とか投信はいっぱいなんですが)、帳消しの為にお金はいれました。

 

今しばらく1/3の資金で頑張ろうと思います。

 

ちなみに頭がショートしない程度に、考えてトレードして今の所一度も勝てません(笑)

 

あっという間にマイナスが積みあがってて一体どうしたもんじゃろと悩んでいるところです(笑)

今一度初心に戻ってトレードしていこうと思います。

 

いつまでたっても馬鹿なので下手くそのまま頑張っていきますわ。

 

でも今全ての負債を清算出来たので気持ちは結構楽です。

レバレッジ規制10倍への反対と、現在までの情報まとめ

普段は結構わかりづらくてほぼ書きなぐりに近い記事しか書いてないのだけど、この件はきちんと世間一般に広がってほしいし、金融庁の好き勝手を許してたら本気で日本国民の夢や希望を壊しかねないなと感じています。

 

金融庁の天下りの為だけに、夢も希望もない国になると思ったので、今どういう事があからさまに行われているかも踏まえてどんどん展開して行ってください。

 

この記事もどんどん展開してもらって構いません。

 

少なくとも誇張も話を盛ったりするつもりもありません。

 

FXを10年続けて来ての感想も踏まえて、今の金融庁のやろうとしていることがどれだけずれており、裏にどういう意図が隠れているのかを皆さんで共有しましょう。

 

そして、天下りも含め私服の為に法律で規制するなどという馬鹿げたことは国民の意見で拒否出来る国にしましょう。

 

今の金融庁は完全に頭おかしいです。

 

さて、今回のレバレッジ規制10倍についてです。

 

あまりFXをガッツリ触れていない方にとってはどういうことかもあまり分からないと思いますので以下の様に整理していきましょう。


①FXのレバレッジ25倍というのは本当に危険なのか?
②レバレッジ規制10倍の本音と建て前(本当にやりたいことまとめ)
③最近出てきている情報からの金融庁のやってる頭おかしいくらいあからさまな行動


①FXのレバレッジ25倍というのは本当に危険なのか?

さて、まずはここを論じましょう。

まず最初に、FXはかなり安全な金融商品です。

 

何が安全か。

 

約定力と出来高

 

これに尽きると思います。

 

レバレッジ25倍だけが先行していますが、それはFXはレバレッジが基本だから数値が先にとりざたされていますが、巷に溢れている金融商品に比べると十分低いです。

 

30倍の商品がごろごろしていますし、出来高が高くないため約定しないリスク、東日本大震災等の変動リスクがあった時に1億で10億の借金を背負った人もいたレベルです。

 

ちなみに為替では、よっぽどのマイナー通貨(高金利通貨)を扱わない限り、出来高は世界レベルですのでまず約定しないということはありません。

 

 

株、先物など証券会社の提供しているサービスの最たるリスクは約定しないまま値が飛ぶことです。

 

株でいうならストップ安、高、先物でいうならプット売りなどを仕掛けてると大震災の時は逆指値とか効きません。

 

以下は極端な例ですが、

 

株の場合

株で信用取引の3倍を取引してた人が、ストップ安2回食らったら買っている株資産が6割資産が減ります。

ちなみに信用取引なのでレバレッジ3倍ということです。ですので元々自分のお金自体は3.3割分しかありません。

 

要するに、3.3割 - 6割なので2.7割は「追証(証券会社への借金)」です。

 

怖いですね。ストップ安2回で手持ち資産の2倍の借金が生まれます。
ちなみにストップ安2回とか結構普通に有りえます。


ひどいときなら3-5回くらいは有りえると覚悟しましょう。

 

そして、約定しないのだからひたすら借金が増え続けるわけです。
買い手が発生するまでは。ゲロ吐くレベルじゃないですよ。

 

先物のプット売りの場合

 

もうこれは前に地獄見た人からの引用ですが、知恵袋とかにも相談してたので探してみてくださいね。

そこまでずっと勝ち続けていて資産1億を突破して、プット売りした状態で大震災到来して、まさかの借金が-10億になった人がいました。

 

有りえる話です。ちなみにこちらも回避不可です。

 

プット売りとは仕組みは説明が長くなるのでぐぐってみてください、99%は勝ち続けることが出来る金融商品です。

 

ですが、こういう大震災の時の一撃で完全に死亡出来ます。


他にもレバレッジ30倍を超える金融商品は結構な種類はあります。


人にあまり知られていない以上、約定力も低いでしょうから非常にリスクは高いです。

 

FX

通貨によります。あまりにマイナーな通貨によりすぎると上記の様なリスクはあります。が、基本的に規模が世界規模のため、東日本大震災やリーマンショックでも約定しないというケースはありません。

 

一時期レバレッジ400倍とかあった昔で、且つサーバーが貧弱だった時期ですと50銭くらい約定しないケースがあったため

レバレッジの高さもあいまって「追証」が発生していたケースはありました。

 

現在は25倍です。要するに4円以上窓を開けるレベルの大惨事が無いと借金が発生することはありません。

 

最近はどこの業者もサーバーは検討でダウンする事などもなく、約定力も段違いです。

要するに追証を負う様なリスクはほとんどの場合ありません。


ほとんどと言ったのは例外もあるということです。

最たる例は2015年1月のスイスフランショックです。

 

それまでスイス中銀が、ある水準までスイス高ユーロ安が進むと「無制限で介入する」と宣言していた水準がありました。

それを「やっぱりやーめた」っと言ったのです。

 

その結果、スイス円で40円近く値が飛びました。

 

この時だけは約定せずに値が飛びました。為替の世界では相当に珍しいレベルです。

過去最大の値幅で飛んだと日です。

 

この時だけはえげつない借金を背負った人がいたと思います。

 

スイスフランというマイナー通貨で出来高も低く、なおかつニュース内容がとんでもない内容だったからです。

 

簡単に言うと、100万円で取引してたら、23-4万通貨取引できていました。
私の使っている業者ですら25円は飛んでいたので、単純に考えると575万円の借金を背負った人がいたということになります。

業者によっては40円近くとんでいたので、およそ10倍近い借金をもった人もいたようです。

こういう、国や中央銀行が介入を宣言している通貨はまず扱ってはだめです。

 

中国の通貨も値幅制限があるのでこういうことが起こりえると思います。

リスク自体はどれも高いですが、出来高の高い通貨を扱えば致命傷になる事はないのでFXの方が完全に安全です。

 

正直株も先物も何が起こるか分からない中ではどの銘柄でも避けようがなく、リスクの広さはこちらの方が遥かに上です。


FXの怖さなんて株や先物に比べれ損失をきちんと制御出来る分全然マシです。

 

後は、週明けにインターバンクが開いてるけど、日本のFX業者が止まっている1時間ほどの時間で急激な為替変動がある場合があるので、週末の持越しはしないことも大事です。


大体私の経験上、以下を守ってればまずリスクはないです(約定するので損失は自分で制御可能)

1、週末持越ししないこと

2、ドルストレート + ドル円 + ユーロ円 + ポンド円(ちょっとポンドは危ないかもなのでやらないほうがいいかも)を扱ってるぶんには出来高も高いので約定しないリスクは気にしないでいいと思います。


※スイスフランショックの時、ユーロ/フランは当事者同士なのでおよそ-4000pips飛びました。フラン円も出来高の低さから、ひどいもので5000pips飛んでいました。
ではユーロ円はどうだったかというと、確かにかなり大きく値は飛んでいましたが、-60pips程度でした。

 

出来高が高いと多い売りに対して買いが消火するペースが速く、結果として約定してくれるわけです。

まずこれさえ守ればとても安全な金融商品となります。

 

②レバレッジ規制10倍の本音と建て前(本当にやりたいことまとめ)

 

さて、一旦私の知る範囲での金融商品の怖いものの説明とFXを比較してみました。


結局の所、どれも怖いですがどの銘柄でもリスクは起こりえる観点からすると先物や株の方が出来高も為替に比べて低い分リスクがあると私は判断しています。


では、ここまでリスクが少ないFXのレバレッジ規制を更に10倍に引き下げたい理由はなんでしょうか?

 

正直スイスフランショックの時にレバレッジが10倍(半分以下)になったところでリスクは半分程度にしかならず意味があるとは思えません。

 

むしろ株や先物の方を現物や信用なくしなさいよと言いたいですね。


私は昔から確信していますが、巷でもそろそろその情報が普通に周知されてきていると思います。

 

1、ていのいい増税狙い

 

2、天下り先の将来の安寧


ほぼ100%これだと思ってよいです。

 

レバレッジ10倍となればFX自体の魅力は完全に薄れます。

 

巷では海外の業者や法人化すればよいと言われていますが、稼ぐ金額によれど大きく稼ぐ人の場合40%を超える税金を支払うことになります。


現在はどんなに稼いでも個人では20%です。

 

おそらくこれが狙いの一つだと思います。

 

FXに関しては日本は結構取引高もありますので、個人トレーダーで稼いでる人が多いのでしょう。ここに目を付けたのだと思います。

 

日本がここまで衰退した理由の一つに(前の記事にも書きましたが)日本は活性化したり、急に活気づいだ業界が出るとそこにかなり重い税金を課したり規制をかけてきます。

 

そこを起点にお金が流れる仕組みを作ればいいのに、そこからお金を一度国に吸い上げてからばらまく方式なのです。

要するに国に所属する組織を潤させるために動きます。

 

なので一気にその活性化した市場が冷え込みます。

実際レバレッジ規制25倍の時は相当数冷え込みました。

 

ただ、あの時はレバレッジの高さが過熱しすぎていたのでそれなりに皆納得出来ていたと思います。現状とは少し違う部分です。

 

今回の規制は完全に利権です。

 

25倍の時に冷え込んだが、あべのみくすで取引高は以前より増えました。
何故かと言うと25倍は結構適正な規制だったということです。

 

私の感覚でも投資商品としては結構適正な数値だったと思っています。

これが誤算だったのだと思います。
証券会社に人流し込みたかったのに、FX人気が強く下がらなかったんでしょうね。


証券会社は金融庁の官僚の天下り先です。

 

そう、彼らは証券会社を潤わせたいのです。

 

そしてクリック365は完全天下り先ですが、店頭取引業者は金融庁の息がかかっていない通常の企業なのでクリック365がかなうはずもなく、今回FX自体を潰しにかかったのです。

 

ひどいと思いません?でもそれ以外FXをつぶす理由ないですからね。

 

あ、ちなみに金融庁の今回のレバ10倍規制のお題目は

 

「急激な為替変動リスクによる個人トレーダーの保護」

「日本初の金融危機阻止のため」

 

とか謳ってます。

 

トレーダーの保護とか言ってるけど証券会社の商品の方が怖いのは先に述べたとおりです。

また法律で、

 

「個人トレーダーの損失を証券会社が補てんしてはならないという素敵な法律があります。」

 

これで個人トレーダーの保護とかちゃんちゃらおかしくないですか?笑い取りに来てるレベルですね。

海外ではゼロカット方式が普通に採用されています。

ですので顧客がマイナス損失になることがありません。

これ採用すれば済む話です。

 

もうわかりますよね?追証なんていう制度があるのは、官僚の天下り先の証券会社がとりっぱぐれることがないように作った法律なのです。

 

世界広しと言えど日本だけです、この法律があるのは。

更に「個人トレーダーの保護」とかいう言葉がいかに薄っぺらく聞こえるかが分かります。


次に「日本初の金融危機阻止のため」とか言ってますが、以下のサイトで詳しく説明されているので参考にされてください。

 

abroadfx.info

 

この程度で日本初の金融危機がおこるわけないでしょと。

 

アメリカのリーマンブラザーズが飛んだらさすがに起きましたが、日本のこの程度の出来高のレベルで1会社がつぶれておきるかっての。

数値的根拠も全くなさそうですから、まぁ間違いなく「こじつけ」でしょうね。

 

③最近出てきている情報からの金融庁のやってる頭おかしいくらいあからさまな行動


後、最近凄い噂も飛び込んできました。

 

クリック365(FXと同じものだけど取引形態が違うものだと思ってください)だけはレバレッジ25倍は残すかもという噂です。

これ国民なめすぎてる上に、もしこれが実現したら完全にこの国終わってると思います。

 

FXは通常の企業です。

クリック365は金融庁の息のかかった天下りのための企業だと思ってください。

 

そして、数年前まではクリック365の方は税制の優遇がされていました。

レバ規制25のあたりで両方とも20に統一されました。

 

まぁやってる業種が同じなのに税制が違うのであからさますぎたからでしょう。

 

そしたらまたクリック365との差別化を復活させようとか。

もう馬鹿にするのもいい加減にしろと思うレベルですね。

 

ちなみに通常のFX業者と天下り先のクリック365。

どちらがサービスや顧客満足が上かはいわずもがな。

 

企業努力で完全にFX業者に完敗しています。

税制優遇無くなればそうなりますわな。

 

それを助けるための規制の可能性が出てきたわけです。
もういかに国民をコケにしているか伝わってくるレベルの情報ですよね。

 

以下にそのあたりの流れや、クリック365のずぶずぶ具合が書いてありわかりやすいので参考になさってください。

中々にズブズブすぎて笑えないレベルですよ。

 

スイングトレード ★ 日記.:FXのレバ10倍規制情報はくりっく365の暗躍だった?? - livedoor Blog(ブログ)

 


さて、ここまで読んで金融庁がどれだけおかしいことをしようとしているが分かっていただけましたでしょうか?

 

もし、この規制が何事もなく通るようであれば本気で日本の個人の金融が一気につまらないものになるでしょう。

まぁ私ももし規制されたら海外使うかFX辞めるかで、証券会社の商品とかまず挑戦するつもりはないです。

 

今更やるのもあほらしいし、リスクが高すぎるので。

 

是非これ見て、金融庁のやってることむかつくなと思ったら意見を言ったり、声を上げて行きましょう。
金融庁だともみ消される可能性もあるので国に直接でもいいと思います。

 

 

まずは一人一人声を上げて行かないといけない内容です。

 

私も選挙に行って、政権ひっくり返って、誠実な議員がこういう腐り体質直してくれないかと1票を投じる予定です。

 

声あげましょう。

 

FX_20171007

眠いので簡単に。

 

雇用統計であほやったせいで、いいぐらいの利益が綺麗に飛んだ挙句にマイナスに。

っつかやっぱ落ち着いてからエントリしないとだめね。

 

ドル円ショートは想定できたろうに無駄に何も考えずにエントリしたもんな・・・・

へたすぎ。

 

結局ポンド円ショートで+20pipsくらいで終了。

今週はなんとか127.6pips

 

早漏エントリなくしたらもっとプラスなんだけど、下手すぎてどうにもこうにも。

 

 

そういえば今日マネーパートナーズの営業から、食事しながらお話の打診。

暇だったしいいよと言ってみた。

 

金融商品の紹介だったらいやだなぁ・・・・

 

それ以外は面白そうだからいいけど。

ついでにレバ規制の件ちょい聞いてみるかな。

FX_20171003

やはりレバレッジ規制は結構興味持たれてる方もいるようで、アクセスが多いですね。

とにかく、あのあほな規制だけは絶対に実施させないようにしたいです。

 

ただ、感じるのは、渦中であるFX会社が全然何も言ってなさそうなのが不気味。

企業にとって金融庁って言ったら神にひとしいのかもしれないけど、ここまで好き放題やられたら企業は安心して商売できんやろ。

 

さすがに猛反対しようよ。

思い出しただけで頭に来る内容だ。

 

後驚いたけど、世の中の情報発信サイトってやっぱ結構アテにならないのが多いってのはよくわかった。

 

FXはゼロサムだからとか、レバレッジが高いとか書いてるけど、株は最初だけは違うけど、一度世に出たらゼロサムだからね。

レバレッジはよっぽど先物の方が高いし、約定しない可能性を考えるとよっぽど危ない。

 

FXは危ないしか書いてない人達はFXやったことないなという印象。
多分投資全般をきちんとやってなさそうな表現力でした。

 

まぁどうでもいいか。

 

さて、本日のFX。

 

自分のトレードをきちんと見直し中。

とにかく飛びつきエントリを無くし、ルールでのエントリのみに注力。

 

本日は朝方またやらかしてマイナス。

結局一時+37.5までいってたのに、-39.2まで食らって萎えた。

 

 

今一度エントリ。

ポンド円の149.35ショート

 

そこからは夜まで放置。

147.85でエグジット。

 

しばらく様子を見てて、再び147.98でショートエントリ。

さて、夜中にかけて伸びるか、刈られるか。

ストップは10pipsで現在利益出始めたのであまりリスクなくいけそうな感じ。

 

ただ思ったより下値も堅そうなのでかられてるかなー。

伸びればもう1円くらいとんでくれると嬉しいのだけど欲張り過ぎかな・・・

とりあえず、一気に今週+100pipsまで戻ってくれたのでまたついてたんだろうなー。

 

エントリ見直さないとまじで。