読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXと愚痴と私

日々思う事とFXで金儲けの事

FX日記_20161123(後悔)

トランプ相場で115円と想定してポジションしてたのに、110.25でロングポジションを解除した馬鹿が通る。

 

押すのもわかってたのに、何故あそこでストップしたのか・・・・

むしろ買い増しが正解なのもわかっていた。

 

最近のご祝儀相場で少しうかれて安易に考えすぎていたんだろうなーと思う。

 

その後は当たり前の様に111円付近をうろうろし、FOMC前に動くと思ってたら案の定上に動いた。

さすがにもう今からは大きくは張れないので、ご祝儀じゃない通常のロット数に戻してエントリにした。それでも簡単に100pips突き抜けるのだからやはり今の相場は凄い。

 

そして、年末なのでおそらくかなり強い状態を保持したまま年明けを迎えると思う。

120円も下手すればあり得ると思っている。

 

 

ロングポジションを持っていたら今頃は・・・・っと考えること自体がおこがましいのはわかっているが、やはり逃した魚はでかいので結構つらいところではある。

 

 

だが今年は相場に戻ってきても期間的にも、相場の強弱や自分の相場感からも、あまり変化はなく終わると思ってたところでのご祝儀相場だった。
結果として当初資金が5倍になったので、これはこれで運がよかったのだと思う事に徹したい。

 

もう相場の世界に参加し始めて9年ほどになる。

損切りや負けた時の止め方などは、すでに機械的に出来るレベルだ。

 

だが、やはり今でも難しいしどうすればいいか模索し続けているのは「利確ポイント」「機会損失」に折り合いをつける事。

 

こればかりは未だに未熟だなと感じている。

 

利確ポイントの設定は経験からの精度なので多少は精度も上がってきたし、少しはしょうがないとも思える。

 

機会損失をしてしまうと、心に長くひきづってしまう事が多い。

 

損をして畜生と思う事はあるが、その感情が意外に長く続かない。それは起こってしまった事は既に過去の事だからだ。

 

だが機会損失は今現在も継続で損失し続けている錯覚に陥り、ずっとはがゆい気持ちになる。感情は「あぁ何で俺はあの時・・・・」

 

こいつが結構タチが悪い。

今はこの感情に押しつぶされそうだ。

 

こういう時にほんとお金って怖いなと思う。

際限なく欲しがっていて、まじで上限がない。

 

結構な額を儲けているのに際限なく欲しくなる。

もっと金額が大きくなればそんなこともなくなるのかなぁ。

 

今は少なくなったロットで上を見上げて、今後の反省に生かしたい。

 

夜中の4時はFOMCだっけか。(違ったかな?)

利上げしようがしまいが、ここまで上昇してればおそらく上下に動いても結果としてあまり相場は動かないだろう。動くとすれば上にだけだと思うので、放置して寝る事にする。

FOMCで下に振れたら完全に想定外なので、ある意味機会損失の悪夢からは解放されるかな。

 

このご祝儀相場が終わるまではしばらくこの機会損失の悪夢に悩まされそうだ。

早く折り合いをつけれるようにならないと、俺に未来は無い

 

やはりショックだ・・・・