読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXと愚痴と私

日々思う事とFXで金儲けの事

VAIOから撤退したSONYの対応について

愚痴

結果としてある程度は納得(最終的にはお金になったけど)したけど、ちょっと頭に来たので書いておきます。

 

私はSONY大好きです。

家のブルーレイやテレビはブラビアでルームリンクしてるし。

 

パソコンは嫁と合わせて3台VAIOがあります。

 

アンドロイドの最初の携帯もXPERIAだったしっということで結構SONY贔屓でした。

 

ただ最近の出来事でその考え改める事にしました。

SONYもさすがに無責任すぎでしょ・・・・信じない事に決めた。

 

最近自分のメインノートPCである「vaio duo13」のバッテリーが認識されなくなりました。OSは問題なく起動しているのだけど、電池マークに×がついている。

持ち運びできないのでもはやノートとして機能していない状態でした。

 

この機種にだけ少し触れておくと、sonyがvaioを手放す直前に売ってた機種でおそらくsony純正のvaioという点では最終機になります。

また、自分はvaioの刻印サービス好きなので必ずやります。自分だけのvaio大好きです。

 

なので思い入れももある機種なので修理受け付けもやってるのでめんどいけど修理に出しました。

後日サポートからかかってきた電話。

 

これありなんですか?普通

 

サポート「お客様のvaio duo13はバッテリーの寿命であることが分かりました、つきましては交換対応をさせていただくのですが、あいにくな事にパーツの在庫がございませんでした。また現在sonyはvaio業から撤退しているため、お待ち頂いても入荷が1年になるか3年になるか保証しかねる状態でございます?」

 

私「ん???」

 

サポート「ですのでこちらから提案が1点ございます。お客様のVAIOを減価償却を5年と考え使用期間分を差し引いた残りの金額で買い取りをさせていただけませんか?」

 

私「ちょっと待ってください、では待ってれば3年後には入荷すると思っていいですか?」

 

サポート「保障しかねる状態でございます。」

 

私「待つのは自由だが入荷する予定ないって言われてますか?そういう商売や製品の保証の仕方がありなんですか?

弁護士とか消費者センターとかにまず聞いてみてもいいですか?商品入荷予定ないけど購入予約だけは取るなんて商法があるのか聞いてみますので」

 

サポート「いえ、保証できないだけですので(何か言葉がない感じ)」

 

私「じゃぁそれはそれで後で聞くことにしますね。そして買い取り金額はいくらですか?」

 

サポート「6万円でございます(6万ちょいだったと思います。正確な数字忘れた)」

 

まぁ購入したのが2013年の7月なので5年減価償却した残月カウントしたら購入金額が24万円だったのでそのくらいだなーとは頭で考えてました。

まぁこの場合そういう問題ではないんですけど。


私「いやいや、それで私ノートパソコンなくなるんですか?困るんですけど。6万じゃメーカー系以外のノンブラントくらいのボロノートPCしか買えないですよね。

中古かオークションで買うにも都合よく出てるかもわからないし。」

 

サポート「お客様としては何に納得行かない感じですか?」

 

もうこの時点で何言ってんの状態でしたけど、本当にこんな感じだった。

 

私「最初からお願いしてるとおり、バッテリー交換は15000円のお金で行ってほしい。これだけしか言ってませんが。お渡ししてるvaioは私の刻印も入っているお気に入りの一台で、しかも現役バリバリで使っている、電池の寿命が来たから交換してほしいだけですよ。

 

そして一番困るのが手元に自分が納得しているスペックで外に持ち運べるノートが無くなる事。なので買い取り額が低すぎる。今時10万以上はないとそのvaio duo13くらいのスペック買えないでしょ。中古買いなおせというのであれば今のPCを直してほしい。」

 

サポート「上司と相談してからご返信させていただきますのでしばらくお時間をください。」

 

実際のところこのノートは本当に気に入ってたし、今でも大体12万級くらいのPC達と同じスペックはあるので、1万5000円でバッテリー交換しようとしてたわけで。

 

sonyがvaioから撤退したのは当然ニュースで知っていたけど、アフターケア含め全て撤退したとは思ってなかった。

しかも下請けに丸投げな感じだし。

 

VAIOユーザーのいいところというか好きなところはVAIOに愛着を持って買っているところだとずっと思ってる。

なのでSONYのこの対応の仕方は本気でむかつきました。

 

そのユーザー達に失礼だろと。

 

なので今までのSONY贔屓は止めるつもりだし必要最低限以外はもう買わないと決めた。

 

後日再度電話がありました。

 

買い取り額の件ですね。

もう正確な金額はここには書かないです。

 

ありえないくらい上がりました。

 

聞かれても正確な数値をお答えする気もありませんが、同等のスペックが買えるくらいにまでは上がりました。(2倍以上です)

 

情報サイト見てるとノートパソコン自体の寿命がよくてもそもそもバッテリーの寿命が3-4年らしいので、もうノートパソコンにあんまり金かけるのも辞めようとは思ってたので、十分なスペック買える額です。

 

最初からある程度納得出来る最低金額決めとくか、全額買い取りとかにすりゃいいのに、下手に減価償却からの差し引きとかにするから誠意の感じられない数値になる。

 

他にも同じ被害者がいたので書いておくと、なんとワイド保証(3年)の期間中なのにそれすらも買取での対応なようですね。

私の事例は置いておくとしても、さすがに上記は約款レベルで違反してないか?

 

あーだからvaioブランド自体を別会社に売り払ってトカゲの尻尾切りしたわけか。

っと確信しました。

 

いかに企業というものが信用なく、いざとなったらサービス精神だとか顧客第一なんて言葉はさっさと取り下げる事が出来るんだなと実感もできました。

どんな大企業も全く信用に値しないんですよ。

 

っということで皆様、あまり後悔の無い買い物にしましょう。

あまり高いものにこだわらない方がいいですよ。 

 

私はもうSONY製品は買わないです。

 

SONYはVAIOユーザーなんて少ないと思ってたら大間違いで、きちんとアフターケアするべきだったと思うよ。
高いお金出してもSONY製品買って着た人達なんだから。

 

うちだけでもテレビ、ブルーレイ、スマフォ、音声機器だけで100万以上は使ってるし。

 

もう遅いけどね・・・・・